TRIUMPH 秋のドレスアップ キャンペーン
[ 新規掲載:2007年09月29日(土) ] 
TRIUMPHが贈るキャンペーン情報をお知らせいたします。 ※終了いたしました。
   (〜07年11月末まで)
2007年 秋のドレスアップ キャンペーン
・ 開催期間 2007年09月28日(金)〜11月30日(金)
  ・ 対象者   期間中に下記 対象車輌をご成約・ご登録いただいた方
  ・ 対象車輌 下記3車種 (但し、トライアンフジャパンが輸入した新車車輌)
1) ロケット III
2) スピードトリプル
3) スラクストン
4) スクランブラー
  ・ 内容 5万円相当(税込)の純正アクセサリー または クロージングプレゼント。
(但し、取り付け工賃はユーザ負担)
      ※ 詳しくは、弊社スタッフまでお問合せください。

(1) 対象車輌:ロケット III 希望小売価格:¥2,257,500.-(消費税込) 【詳細ページ(メーカー)
キング・オブ・パワークルーザー
ロケットスリーは、世界最大排気量(量産車中)を誇る、途方もないパフォーマンスを持つクルーザーです。さらにそれは個性的なデザインと卓越したパフォーマンス、ドライバビリティが唯一無二存在感を表しています。
でも、運転してみるとすぐ、2.3リッタートリプルから心地良く溢れ出る尽きることのないパワーは、2本の指でも従えることができるということに気が付くでしょう。重心の低さと落ち着いたライディングポジションは、良好なバランスとコントロール感覚を生み出しています。
各スロットルボディには2連のバタフライバルブが使用され、エンジンの精密なコントロールが可能です。このセットアップは、ギヤポジションと走行スピードに応じてECU(電子制御ユニット)で混合気の流れと点火マップを制御します。このように、各ギヤレシオに応じた専用のトルクカーブが用意されています。その結果は、エンジンが持つ巨大トルクの90%以上を僅か2000 rpmで発生する最高レベルのフレキシビリティを実現し、5速のギヤボックスはほとんど不要になるという、感動的なものです。
ロケットスリーのシャシーは特別設計で、エンジンを抱えるスチール製の巨大なチューブラーツインスパインフレームを中心にしています。エンジンの出力をマッシブな240/50サイズのリアタイヤに伝えるのはメンテナンスフリーのシャフトドライブで、ロケットスリー専用の43 mm径倒立フロントフォークとリアのスプリングプリロード調整式ツインショックがコントロール性と安定性、そしてしなやかな路面追従性を発揮します。フロントブレーキは320 mmフローティングダブルディスクに4ピストンキャリパーというスポーツバイク同然のスペックで、素晴らしいストッピングパワーを発生します。ブレンボ製の専用リアブレーキはツインピストンキャリパーと316 mmディスクの組み合わせです。
飛ばしたいときは思う存分飛ばしてください。逆に、5速ギヤのまま、信じられないような低い回転数でのんびりと進むこともできます。扱い易さについて述べるなら、ハンドリングも然りです。ロケットスリーは多くのクルーザーが躊躇してしまうようなコーナーリングも楽々とこなします。ご機嫌な気分になりましたか。最高の気分になったでしょう。

(2) 対象車輌:スピードトリプル 希望小売価格:¥1,354,500.-(消費税込) 【詳細ページ(メーカー)
目の覚める力
最初のストリートファイターといえるモーターサイクルは個人が作り上げたものでした。裏通りから出現した、無駄なものを纏わないモーターサイクル。メーカー製の着飾ったモーターサイクルとは正反対のものです。最初期のスピードトリプルは、このようなアウトローなモーターサイクルと同じ手法を用いて生まれました。以降、ストリートシーンを支配し、今でも最もクールなモデルであり続けています。
インライン・トリプルの荒々しいキャラクターが、スピードトリプルの獰猛な魅力の本質です。この1050 ccフューエルインジェクション式DOHC3気筒エンジンは、大きなボトムエンドのトルクからミドルレンジのパンチ力、そして感動的な高回転でのパワーを生み出します。そして、滑らかな6速ギヤボックスがこのパワーを後輪に伝達します。端整なエンジンケースとカバーがルックスを高め、同時に外から見えるホースを排除しました。最大出力は132 PS(131 bhp)/9250 rpm、最大トルクは105 Nm(77ft.lbf)/7550 rpmです。
320 mmフローティングダブルディスクと4ピストンラジアルキャリパーが、最先端のストッピングパワーとブレーキフィールをもたらします。5本スポークのホイールと刺激的な片持ちスイングアームは、スタイリッシュさと存在感を主張します。そして、高く持ち上げられた2本出しオーバル断面エキゾーストパイプが、中毒性のあるトリプルエンジン独特の吸気音を高めます。2007年モデルでは、このエキゾーストパイプのヒートシールドがアルミ製からポリッシュ仕上げのステンレス製に変更されました。
1994年の発表以来、スピードトリプルは本当の意味での偶像的なモーターサイクルという地位を築いてきました。ストリート上でもありのままの姿勢と個性を主張し、もっともダイレクトでもっとも手の加えられていない、唯一の存在のモーターサイクルです。

(3) 対象車輌:スクランブラー 希望小売価格:¥1,228,500.-(消費税込) 【詳細ページ(メーカー)
気分は「大脱走」
いつもモーターサイクルが欲しかった理由を思い出させてくれる、ストリート系のレトロモーターサイクル。スクランブラーはモダンクラシックの分野にまったく新しいアレンジを加えた、今までのトライアンフを代表するバイクに対する新しい見解です。スティーブ・マックイーンをはじめとする60年代のスリルシーカーたちによって知名度が高められたオフロードマシンを作り直したもので、そのたくましい、デュアルパーパスなスタイルを現代の都会的な風景の中へ甦らせます。
太陽が降り注ぐカリフォルニアのリラックスした文化とのんびりした考え方にインスピレーションを受け、南ヨーロッパのシックなアプローチを融合させた、本当の意味で「何でもできる、どこへでも行ける」モーターサイクル。それは多くの新しいライダーや既存ライダーの間でクールなレトロスタイルを持つモーターサイクルへの関心が高まっていることを受けてトライアンフが拡大しつつあるマーケットから生まれました。
さらに、バイクに乗る人にも乗らない人にもアピールし、理解される、明確な自己主張のあるデザインを持たせました。スクランブラーはスタイルと機能を適切に融合し、いつの間にか楽しみに溢れたモーターサイクルになっています。
独自性を主張できるモーターサイクルはごく僅かです。しかし、スクランブラーは、本物のスタイリングによって、確実にそのようなモーターサイクルの1つであると言えます。フラットなシート、小さなヘッドライト、一眼丸型スピードメーター、そして高い位置にマウントされた2本出しエキゾーストと刺激的なヒートカバーにより、個性を主張します。高いブランド性とその歴史への自覚を持ち、まったく新しい独自のモーターサイクルを生み出しているトライアンフだからこそ、このようなマシンを確実に創り出すことができるのです。
2007年モデルではブラックフィニッシュが施した、865 ccのDOHC8バルブ空冷パラレルツインは、270°クランクを採用し、特徴的でトルキーな出力特性となっています。ボア・ストローク90×68 mm、圧縮比9.2:1のこのエンジンは、電気ヒーターを備えたスロットルポジションセンサー付き2連キャブレターも特徴としています。ピークパワーは57 PS(56 bhp)/7000 rpm、最大トルクは69 Nm(51ft.lbf)/4500 rpmで、5速ギヤボックスとチェーンを介して後輪に伝えられます。
スクランブラーは、今の世代のライダーたちが魅力的に思うような、特徴的なルックスとフィーリング、そして個性を備えています。あこがれのスタイルと本当の実用性を持ち、そして退屈な毎日からの「大脱走」を実現します。

(4) 対象車輌:スラクストン 希望小売価格:¥1,260,000.-(消費税込) 【詳細ページ(メーカー)
モーターサイクル・エッセンス
スラクストンは、60年代のスパルタンなカフェレーサーを思い起こさせるマシンで、その時代の神話とも言えるレーシングトライアンフから名前を受け継いでいます。
865 ccの空冷2気筒エンジンは、ボンネビルの360°クランクを共有しながらも、ホットなカムプロフィールや9.2:1の圧縮比、メガホンタイプマフラーを特徴とし、トライアンフの2気筒エンジンの中で最もパワフルです。最大出力は70 PS(69 bhp)/7200 rpm、最大トルクは72 Nm(53ft.lbf)/6400 rpmを発生します。
エンジンを包み込むシャシーは、精密に作られた信頼感溢れるものです。ハードな切れ味は、本当の意味でのスポーツ性をもたらします。プリロード調整式の頑強な41 mmテレスコピックフォークとツインリアショックによるサスペンションは、素晴らしい動作と路面追従性を発揮します。1490 mmのホイールベースと18インチのアルミ製フロントホイールを採用したシャープなステアリング・ジオメトリーは、操作感も軽快です。320 mmのフロントフローティングディスクとツインピストンキャリパーは、パワフルでありながらコントロール性の高いブレーキ性能を実現します。
パーフェクトなプロポーションと刺激的なシルエットを持つ本当に美しいマシン。短めのフロントフェンダー、粋なクリップオンハンドル、特徴的なシートの盛り上がり、スパルタンな気品など、まさしくカフェレーサールックのエッセンスをとらえました。そして、その外観を爽快で滑らかパフォーマンスに組み合わせています。スラクストンは、特徴的で夢中になれるバイクを求めている現在の若いライダーが持つ想像力に火を点けます。
正統派カフェレーサー、スラクストン。

*日本国内の仕様(車体色)は、
  ジェットブラック/シルバー、レーシングイエロー/シルバー、カスピアンブルー/シルバーとなります。

詳しくは 以下の店舗にお問合せください。
福田モーター商会 渋谷ショールーム
  〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-50-16
03-3468-6841
info@fukuda-motors.co.jp
定休日:毎週月曜日、第一火曜日
営業時間: AM9:15〜PM6:00